出資法について

出資法、正しくは「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」という長い名前の法律であり、貸金業者の金利を規制する法律です。

貸付金額 上限金利
金額を問わず 20.0%

ちなみに、この出資法は1954年に施行されたのですが、当初は109.5%と今では考えられないほど高金利だったのです。

金利の推移について、以下の表にまとめてみました。

年度 上限金利
1954年 ~ 109.5%
1983年11月1日 ~ 73%
1986年11月1日 ~ 54.75%
1991年11月1日 ~ 40.004%
2000年11月1日 ~ 29.2%
2010年6月18日 ~ 20.0%

2010年6月18日以降は、利息制限法と上限金利が同じとなり、
グレーゾーン金利と呼ばれる部分がなくなりました。

利息制限法との違いとして、罰則規定があげられます。
出資法は違反すると、「5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」と定められているのでキャッシング会社はこれを守ろうとしているのです。

もしあなたが利用しているキャッシング会社が出資法を越えているのであれば、それは「ヤミ金」ということになります。

できるだけ早く警察へ相談すると良いでしょう。

-----------------------------