弁護士や司法書士は専門知識がいると言うけれど・・・

弁護士や司法書士のホームページや彼らが出している書籍を参考にした場合、引き直し計算には専門知識がいるので一般の人には難しい、法律の専門家に任せましょうといった言葉が並んでいることがあります。

しかしパソコンと無料で配布されているソフトがあれば計算方法を知らない人、法律のことが分からない人でも簡単に引き直し計算をすることができます
計算といっても、無料ソフトを起動し、その中に日付と金額を入力していくだけの簡単な作業でしかありません。そして引き直し計算自体はパソコンが勝手にやってくれるので間違いも怒りようがありません。

無料ソフトでで有名なのは、

  • 名古屋式
  • 外山式

この2つのソフトは弁護士と司法書士が作成し、配布しているもので
信頼のできるソフトです。

名古屋式というのは、愛知県の60人を超える弁護士が加盟している名古屋消費者信用問題研究会が作成・無料配布しているソフトです。
この研究会は弁護士や司法書士でない一般の人でも過払い請求をしてお金を取り戻すための書籍も発行していることでも有名です。
※参考書籍:改訂新版・過払い金回収マニュアル

外山式というのは司法書士外山敦之事務所(現 アドリテム司法書士法人)というところが作成、配布しているソフトです。

ですから、専門知識などなくても引き直し計算はできるのです。

では、なぜ専門知識がいるというと言うのでしょうか
それは、自分たちに相談が回ってくるように・・・と考えているからかもしれません。引き直し計算を頼まれるということは、その後の過払い請求も処理することになるでしょう。

弁護士や司法書士にとって「過払い請求は濡れ手に粟のお仕事」ともいわれていますから、何とかして自分たちに仕事が回ってくるように、質問にあった言葉を使っているのだと思います。

よくある質問の一覧
  1. 過払い金には利息をつけても良い?
  2. 利息は6%?それとも5%?
  3. 外山式?名古屋式とは何が違うのですか?
  4. 引き直し計算をするとブラックリストに載りますか?
  5. 取引履歴の一部が開示されません。
  6. クレジットカードの取引でも引き直し計算できますか?
  7. 完済して何年も経つのですが大丈夫ですか?
  8. 引き直し計算をしても借金が残る場合はどうすれば良い?
  9. 引き直し計算を無料でやってくれる法律家がいるのですが?
  10. 現在、返済途中でも取引履歴を取ることはできますか?
  11. 司法書士のホームページで引き直し計算は専門知識がいるので難しいと書かれていたのですが
  12. 取引履歴を取ろうと思ったら和解の提案があったのですが
-----------------------------