取引履歴の一部が開示されません。

過払い請求の手続きが始まったばかりの頃は取引履歴の開示がされないということもありましたが、平成17年7月19日に最高裁判所の判決で取引履歴の開示は貸金業者の義務であり、応じない場合は不法行為となるという判決が出てからは、取引履歴の開示に応じないという業者はいなくなったと思います。

しかし、取引が長い場合、古い取引履歴は破棄したと開示に応じない業者がいることも事実です。例えば、レイク(現 新生フィナンシャル)では裁判になったときでも1993年9月以前の取引履歴は既に破棄しているという理由で出すことはありません。

このような一部の取引履歴が開示されないという場合では、通常の引き直し計算ではなく、例外的な計算方法を取ることになります。

それが、

  • 推定計算
  • 残高無視計算(ゼロ計算)

と呼ばれる方法です。

>>> 推定計算について詳しく知りたい方はこちら
>>> 残高無視計算(ゼロ計算)について詳しく知りたい方はこちら

どちらの計算方法も貸金業者との取引を完全に再現できたものではありません。そのため過払い請求の裁判の時には業者側の反発も大きいでしょう。
裁判所に認められないという訳ではありませんが、認められるために補足の資料も用意する必要があります。

通常の過払い請求であれば自分でやれば良いと思いますし、それが一番良い形だと思いますが、推定計算や残高無視計算をベースにした過払い請求をするのであれば、弁護士や司法書士に依頼しても良いかもしれませんね。

よくある質問の一覧
  1. 過払い金には利息をつけても良い?
  2. 利息は6%?それとも5%?
  3. 外山式?名古屋式とは何が違うのですか?
  4. 引き直し計算をするとブラックリストに載りますか?
  5. 取引履歴の一部が開示されません。
  6. クレジットカードの取引でも引き直し計算できますか?
  7. 完済して何年も経つのですが大丈夫ですか?
  8. 引き直し計算をしても借金が残る場合はどうすれば良い?
  9. 引き直し計算を無料でやってくれる法律家がいるのですが?
  10. 現在、返済途中でも取引履歴を取ることはできますか?
  11. 司法書士のホームページで引き直し計算は専門知識がいるので難しいと書かれていたのですが
  12. 取引履歴を取ろうと思ったら和解の提案があったのですが
-----------------------------